鹿児島県技能士会連合会とは

   会員相互の協調を図りながら、技能士の技能及び知識の向上並びに技能士の社会的地位の向上及び技能に対する社会的評価を高め、もって産業の発展に寄与することを目的に、昭和57年に設立しました。連合会には、技能士の所属する団体や、企業が会員として加入しています。

鹿児島県技能士会連合会の主な活動

1.技能尊重気運の醸成
 (1) 「1級技能士現場常駐制度」などの技能士の活用及び優遇措置並びに公共事業の予算確保等について関係機関・団体へ要望
 (2) 鹿児島県技能まつりへの参加・協力
 (3) 鹿児島県職業能力開発促進大会の開催協力
 (4) 鹿児島県職業能力開発協会が実施する若年技能者人材育成支援等事業
  (ものづくり体験教室、実技指導、技能五輪全国大会参加選手への支援等)への積極的な協力
 (5) 後継者育成を図るための認定職業能力開発校の優秀修了生の表彰
 (6) 一般社団法人全国技能士会連合会が実施するマイスター関連事業への協力
 (7)技能士のPR活動

2.技能向上事業
 (1) かごしま技能競技大会への参加・協力
 (2) 技能五輪全国大会への参加選手の激励・支援
 (3) 技能グランプリへの参加選手の激励・支援
 (4) 会員が実施する技能者講習会への支援
 (5) 職業訓練及び技能検定制度をはじめとする技能向上事業の促進

3.表彰等
 (1) 鹿児島県知事表彰(技能尊重推進)の表彰候補者の推薦
 (2) 一般社団法人全国技能士会連合会会長表彰の表彰候補者(技能振興事業及び技能士会活動)の推薦
 (3) 全技連マイスター認定候補者の推薦

4.その他
 (1) 技能検定の合格者に対して、技能士手帳、技能士カード、技能士楯・門標等の斡旋
 (2)その他本会の目的達成に必要な事業

※技能士の証「技能士カード、手帳、楯・門標」等のお申込みはこちら

※1級技能士シール交付申請書はこちら

会員名簿

※会員名簿 只今更新中