ライン

緑矢印技能検定


■技能検定の概要


 技能検定制度は、労働者の有する技能の程度を一定の基準によって検定し、これを公証する国家検定
 制度です。

 昭和34年に実施されて以来、制度の充実が図られ、本県では現在約60職種の検定を実施しており
 平成29年度までの合格者は、約4万1千人となり、確かな技能の証として、各
職場において高く評価
 されています。


 ・試験科目及びその範囲並びにその細目(厚生労働省リンク)



■技能検定の受検


1 平成30年度後期技能検定の受検申請受付




  ・受付期間内に申請して下さい。


   ・受検案内及び受検申請書が必要な方は、鹿児島県職業能力開発協会にお問合せ下さい。
    また、県の各地域振興局(支庁)総務企画課及び各公共職業安定所にもあります。
    (配布先一覧はこちら


  ・受検の手続きについては次の「技能検定受検案内」をご覧下さい。

    ≪平成30年度 後期≫
 
      技能検定受検案内


      本人確認書類(写)添付台紙


      手数料減額(免除)申請書
      ※35歳未満(生年月日が昭和58年4月2日以降)の方が対象



2 受検票の交付


  ・平成30年度後期の受検票は、11月末から12月にかけて順次発送する予定です。
  (技能検定受検申請書の「受検票送付先」に送付します。)


  ・試験日時、試験会場は受検票で通知します。


  ・受検にあたっては、受検票を必ず持参して下さい。



3 実技試験及び学科試験


  ・受検票で必ず、日時・試験会場・持参物等をご確認下さい。


  ・計画立案等作業試験及び学科試験の正解に係る発表は、中央職業能力開発協会のHP原則
    試験実施日翌日15時以降に掲載されます。



4 合格発表


  ・技能検定合格者(実技試験と学科試験の両方に合格された方)は、鹿児島県のHP受検番
   号が発表されます。
(当協会では合否に係るお問合わせにはお答えできません。)

  ・実技試験又は学科試験のいずれかに合格された方は、鹿児島県職業能力開発協会から合格発表
   日以後にいずれかが合格した旨をハガキで通知します。
「実技試験又は学科試験の合格通知書」
   は、今後、同一級の同一作業を受検する際に
免除資格の証明になりますので、大切に保管して
   下さい。


  ・実技試験又は学科試験のいずれも合格されなかった方は、鹿児島県や当協会からの通知はあり
   ません。



5 教材等について


① 技能検定学科試験問題解説集

     
   過去の技能検定学科試験で実際に出題された問題をピックアップし、解答に加え、各職種の専
  門家による解説を掲載しており、受検対策の参考書となります。



② 技能検定試験問題集


   直近の2~3年間において出題された学科試験問題と実技試験問題を網羅しており、正解表
  付きの問題集となります。
   
    図書の種類についてはこちら・・・『技能検定学科試験問題解説集のご案内』

  
・鹿児島県職業能力開発協会の窓口で直接注文されるか、次の手順にて注文して下さい。

  



③ 技能検定試験の問題等コピーサービス
   
    前年度の技能検定実技、学科試験問題のコピーサービスとなります。
    一部当たり100円~300円程度(1ページあたり20円)
  
   ・鹿児島県職業能力開発協会の窓口で直接申し込まれるか、次の手順にて申し込んで下さい。
   (「技能検定試験の問題等コピーサービス申込書」はこちら)

    

ライン