応援します!あなたのスキルアップ・企業の人材育成

フォローアップ講習について

  • HOME »
  • フォローアップ講習について

技能検定合格者に対するフォローアップ講習

 

目的

職業能力開発協会では、評価対象能力の変化の大きな職種・作業を選定の上、当該職種作業の技能検定合格者を対象に、近年の技術革新等を踏まえたフォローアップ講習を行い、技能士の技術力アップを図っています。

 

講習対象の職種・作業

昭和50年度以前に設置された職種等のうち、職業能力開発協会及び技能士会連合会の会員等に意向調査を実施し、講習開催希望のあった職種等のうちから、鹿児島県の実情等を踏まえて職業能力開発協会が選定します。

 

昭和50年度以前に設置された職種等

1 造園 11 冷凍空気調和機器施工 21 配管
2 機械加工 12 婦人子供服製造 22 型枠施工
3 鉄工 13 紳士服製造 23 鉄筋施工
4 建築板金 14 和裁 24 ガラス施工
5 工場板金 15 建築大工 25 表装
6 機械検査 16 かわらぶき 26 塗装
7 電子機器組立て 17 とび
8 電気機器組立て 18 左官
9 建設機械整備 19 タイル張り
10 農業機械整備 20 畳製作

 

講師

講習の講師は、選定した職種に精通している技能検定委員等とします。なお、必要に応じて補助者を配置することができます。

 

講習の対象者

鹿児島県内に在住、または就業している特級・1級・単一等級の技能士とします。

 

講習の受講人数

1回当たり10人から30人程度としています。

 

講習の実施回数

1回から2回程度とし、1回当たり3時間程度としています。なお、講習は6月から12月までに開催してください。

 

講習のカリキュラム

職種ごとに鹿児島県の実情を踏まえ、受講希望する団体等と協議して作成します。

  • 講習に使用するリーフレット等は団体等が作成していただきます。

フォローアップ講習風景

お気軽にご相談・お問合せください TEL 099-226-3240 受付時間 8:30-17:15 [土・日・祝日を除く]

PAGETOP

Copyright © 2018 Kagoshima Vocational Ability Development Association. All Rights Reserved.