応援します!あなたのスキルアップ・企業の人材育成

コンピュータサービス技能評価試験

  • HOME »
  • コンピュータサービス技能評価試験

コンピュータサービス技能評価試験

コンピュータサービス技能評価試験は、教育訓練施設や事業所において、コンピュータの操作方法を学習した方々やコンピュータを活用した各種のサービスを行う方々を対象に、 その操作能力を評価する試験です。
この試験は、コンピュータ操作技能習得意欲の増進をはじめ、一定のコンピュータ操作能力を有する方々に対して社会一般の評価を高めるとともに、コンピュータ操作に従事する 方々の社会的、経済的地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発促進法(昭和44年法律第64号)に基づいて設立された中央職業能力開発協会と各都道府県職業能力開発協会が共同で、1983年(昭和58年)から実施しています。
*本試験の詳細は、中央職業能力開発協会ホームページをご覧ください。

 

<認定施設試験>

都道府県職業能力開発協会が、所定基準を満たすと認定した施設(パソコンスクール、大学、短期大学、専門学校、高校、企業等)が実施する試験です。

◎認定施設一覧◎

PAGETOP

Copyright © 2018 Kagoshima Vocational Ability Development Association. All Rights Reserved.